グレーチングについて

藤村産業のグレーチング販売方針

一口にグレーチングと言っても様々な種類が存在します。
私たちはグレーチングのプロとして、商品を吟味。
取扱う商品に責任を持ち、本当にお勧めできる商品のみを販売します。
一つ一つの商品に付けたシリアルナンバーがその証しです。
シリアルナンバーは品質管理者による検品作業を経て登録されます。

藤村産業のグレーチングの特徴

  • 最安値保証。同等製品で当社より安い他社製品があればお知らせください。
  • 全て圧接式。組構式のグレーチングは一切お取扱いしておりません。
  • プロが厳選した海外の提携工場から直接輸入しています。
  • 厳しい検査を通り抜けた製品だけを販売しています。工場出荷時、当社への入荷時、当社からの出荷時の検査を経た製品だけがお客様のお手元に届きます。
  • 製品ごとに当社独自のシリアルナンバーを割り当てています。万が一何か問題があってもシリアルナンバーで製品の出処を追跡できるので、こちらですぐに対応可能です。
  • 売れ筋の製品を中心に在庫を確保しています。
その結果、コストパフォーマンスが高いグレーチングのみを提供!!

全て公共工事で利用できるレベル(実績あり)。
材料証明(ミルシート)、強度計算書、亜鉛メッキ膜厚検査証明書も発行可能です。

圧接式グレーチングの製造工程

  1. 圧接
    熱と圧力で主部材とクロスバーを接合
    圧接
<span class="Setsumei">熱と圧力で主部材とクロスバーを接合</span>
  2. 原板
    クレーチングのもとになる原板
    原板
<span class="Setsumei">クレーチングのもとになる原板</span>
  3. 切断
    サイズに合わせて原板を切断
    切断
<span class="Setsumei">サイズに合わせて原板を切断</span>
  4. 整形
    溶接前に形を整えます
    整形
<span class="Setsumei">溶接前に形を整えます</span>
  5. 溶接前点検
    溶接前にサイズや形を確認
    溶接前点検
<span class="Setsumei">溶接前にサイズや形を確認</span>
  6. ロボット溶接
    完全自動のロボットも使用
    ロボット溶接
<span class="Setsumei">完全自動のロボットも使用</span>
  7. 溶接
    主部材とアングルを接合
    溶接
<span class="Setsumei">主部材とアングルを接合</span>
  8. メッキ
    溶融亜鉛メッキの一部工程
    メッキ
<span class="Setsumei">溶融亜鉛メッキの一部工程</span>
  9. メッキ後の検査1
    メッキの状態を点検、調整
    メッキ後の検査1
<span class="Setsumei">メッキの状態を点検、調整</span>
  10. メッキ後の検査2
    メッキの状態を点検、調整
    メッキ後の検査2
<span class="Setsumei">メッキの状態を点検、調整</span>
  11. 製品
    最終検査を経て製品になります
    製品
<span class="Setsumei">最終検査を経て製品になります</span>
  12. 完成
    梱包出荷へ
    完成
<span class="Setsumei">梱包出荷へ</span>